パブリックコメントに意見を出そう! <トップページ>

平成23年07月28日(木)。環境省より「動物取扱業の適正化について(案)」への意見募集(パブリックコメント)が出されました。 これは、2012年に予定されている「動物の愛護及び管理に関する法律」の見直しに関し、その中の「動物取扱業」についての意見を広く求めるものです。 「動物愛護管理法」のよりよい改正を目指し、ぜひ皆さんの意見を環境省に届けましょう!!。

このページは、動物愛護管理法の改正に向けたパブリックコメントに意見を出す方のために「地球生物会議 ALIVE」が作成したページです。掲載されている「意見例」はALIVEとしての意見です。本HPがパブリックコメントに参加される皆様の参考になれば幸いです。

●パブコメに参加しましょう

「パブリックコメント(以下、パブコメ)」への参加は、けして難しくありません。電子メールはもちろん、郵送でもFAXでもかまいません。以下の掲載する、環境省から発表された「動物取扱業の適正化について(案)」を読み、「ここは賛成!」「コレは反対!」「ここは、私ならこう思う!」を書いて送るだけです。発表されている「(案)」の全てではなく、解るところだけでもかまいません。難しい法律用語も必要なしです。
「どうせ、出したって一般人の意見なんか・・」など、消極的な考えも禁物です。
パブコメに出される意見の多さは、そのまま「動物愛護管理法」に関する「国民の関心の高さ」のアピールにつながります。
パブコメにぜひ、参加しましょう!

●ぜひ、ご自分の言葉で!!

このHP(サイト)では、環境省から出されたホームページから「動物取扱業の適正化について(案)」のPDFを各議事ごとに分割して、それぞれにALIVEからの「意見例」を記載しました。
しかしながら、こちらのページは最近話題になっている「やらせメール」や、意見の強要を目的としたものでは決してありません(←ここ、大事!(笑))。
「パブリックコメント」という言葉に対して敷居が高いと思われている方に、ぜひ参加をお願いしたく作成したページです。
掲載された「意見例」の文章を丸写しではなく、ぜひご自身の言葉でパブコメにご参加ください。